◆日本共産党は【日本の国家を滅亡させ、独裁政治を目指す政党】である。

◆日本共産党は【日本の国家を滅亡させ、独裁政治を目指す政党】である。
民進党、社民党、自由党は【共産党と協力し、国家を滅亡させる政党】である。
共産党【狂産党】・民進党・社民党・自由党は、すべて、日本の国家を破壊する反日・売国政党で、日本国と日本国民の敵で、地球市民のグローバル政党である点が共通している。
共通点と違う点は、次の通りである。(平成29年4月7日再)

●民進党、社民党、共産党は、反日・売国グローバル政党で共通している。
全て、【日本は悪い国である】、【日本は犯罪国家である】、【日本は侵略国家である】、と主張する、反日の売国、戦勝国正義史観の政党である。
全部、嘘とデマである。
【日本は悪い国である】【国家は悪である(共産主義)】だから、侵略させていい、破壊していい、滅亡させていい、と言う点が政策で一致している。
全部、戦勝国が、敗戦国の日本に押しつけた、捏造の歴史観である。
このような野党の連中に、政権を担当させてはならない。
国家と国民を裏切る、国家破壊の反日・売国グローバル政党である。

◆【1】民進党は、日本の国家を破壊して、支那に侵略させる政党である。
日本人を、支那人の奴隷にする、反日・売国・奴隷政党である。
【日本死ね】(山尾議員)と主張し、【外国が攻めてきたら、両手を挙げて降伏しろ】(蓮舫議員)、と主張している。
日本人を、支那人の奴隷にする政党である。
民進党は、既に、帰化人議員に、完全に侵略されてしまった。
それでも、自覚がない。
民進党は、主権国家、国民主権、民主主義を【守るはずの政党であった】。
しかし、帰化人議員に乗っ取られて、反日・売国政策を目指す、反国民主権の反日・売国政党に転落してしまった。
日本人議員は盆暗どもなので、そのことに気づいていない。
帰化人が、母国のための政策を推進するのは、自然である。社民党に極めて接近した。

●【国家の滅亡】+【共産党と社民党の中間を行ったり来たりの日和見政策】を目指す。

◆【2】社民党は、国家を破壊して、破壊したあと、何もしない政党である。
【非武装中立】の政策とは、国家を破壊して、国家防衛について何もしないことである。
【非武装中立】の政策なので、民進党と同様に、支那の侵略を許す、反日・売国政党である。

民進党と同様に、【外国が攻めてきたら、両手を挙げて降伏】しろ(福島瑞穂議員)、と主張している。

社民党は、奴隷政党であることに間違いない。
社民党は、旧社会党の【非武装中立】の政策を引き継いだ、元祖奴隷政党である。
国家を無視した地球市民が勝手に生きる、無政府主義の方針を目指す、反国民主権の反日・売国政党の奴隷政党である。
●【国家の滅亡】(非武装中立)+【国家の滅亡後は、無政府社会で、弱肉強食、テロ放任、国家の政策無し】を目指す。

※民進党が、社民党に大幅に接近した。

◆【3】日本共産党は、【日本の国家は不必要である】、と主張し、国家の滅亡を目指し、国民を騙して、国家から【国家権力】を奪い、共産党が国家に代わって、共産党一党独裁権力を行使して、独裁政治を目指す革命政党である。
【旧ソ連、北朝鮮、支那と同じ】である。憲法違反の政党であることは明白である。
【社会主義社会・共産主義社会】という地上に存在しないユートピア幻想で、国民を騙す、オカルト宗教の政党である。
国民を騙す悪の元凶【狂産党】である。
共産党政権で、存在するのは、【共産党一党独裁国家】の【狂産党】政権の【国家】だけである。
共産党は、完全無欠の、反日・売国・独裁政党である。
●【国家権力は不必要】=【国家の滅亡】。【共産主義の社会・地上の楽園を作ると言って国民を騙し、独裁政権の国家をつくる】

◆【4】【社会主義社会・共産主義社会】という、政治権力の無い【社会】は外国に侵略されるだけである。
【テリトリーを放棄した無所有の土地】だからである。
日本共産党は、国家の滅亡を目指し、国民を騙して途中で裏切って、共産党一党独裁国家を目指す、反国民主権の反日・売国政党である。不可能なことを、主張している。
地上に【社会主義社会・共産主義社会】という天国をつくる、と言って、国民を騙し、国家権力を奪って共産党一党の独裁国家の独裁政治を目指す革命政党である。
革命には、暴力が伴う。地上には、天国は永遠に存在しないし、到来もしない。
●【国家の滅亡】(非武装)+【共産党一党独裁国家】(共産党が武装)を目指す。

◆【5】【参考資料】日本共産党綱領 ※【日本の国家の滅亡】を目指す日本共産党綱領。
日本共産党綱領(2004年1月17日 第23回党大会で改定) ~抜粋
五、社会主義・共産主義の社会をめざして(一五)
社会主義・共産主義の社会がさらに高度な発展をとげ、搾取や抑圧を知らない世代が多数を占めるようになったとき、原則としていっさいの強制のない、【国家権力そのものが不必要になる社会】、人間による人間の搾取もなく、抑圧も戦争もない、真に平等で自由な人間関係からなる共同社会への本格的な展望が開かれる。

※【国家権力】とは、三権【立法権・行政権・司法権】のことである。
共産党は【国会・行政府・裁判所】を不要だと主張している独裁政党である。