あしなが育英会募金の真実

就学が困難な子どもの救済を謳い「あしなが育英会」への寄付を名目に日教組は各地で街頭募金を行いました。
ところが、日教組は集まった善意の募金1億7600万円あまりのうち、1億円を 子どもの救済とは何の関係もない 日本労働組合総連合会(連合)に寄付したのです。
さらにその1億円から日教組に対して助成金として3700万円あまりが支給され (日教組にキックバックされ) 、徳島県教組は「テロ組織朝鮮総連の直接支配下にある朝鮮学校への支援金」として150万円を受け取り、県内の朝鮮学校に寄付するに至りました。
これは人の善意を踏みにじる募金詐欺と言わざるを得ない卑劣な犯罪行為であります。   
しかもたいへん信じ難いことに、この犯罪集団は家庭訪問と称して、各家庭を回って募金を集めていたことが判明しました。
これは脅迫行為となんら変わりありません。もはや募金というよりは、カツアゲといった方が妥当でしょう。

**************************************************************************
日教組はその組織力を最大限に利用、子供をエサに何も知らない親たちから募金サギを行っている。
募金サギで何をやっているか?
自分達の行動資金確保である。
そして心のふるさと=朝鮮学校つまり朝鮮総連(=北朝鮮)にまで募金を流用している。
聖職という教師の仮面をかぶったサギ集団である。
日教組の金バッチ組のやりたい放題はいい加減にして欲しいものである。
金バッチはどうして手に入れるか?それは教師研修=一年間研修=北朝鮮研修。となるわけである。
同僚教師にも何処で研修しているかわからないようになっている。
一年間の研修を終えたら必ず他校に異動するからである。
ギンギンのスパイになって帰国するのである。