靖国神社への今上陛下の御親拝の実現

【靖国神社への今上陛下の御親拝の実現!!】
~45年も御親拝を賜われていないのは、英霊に対して非礼~

早いもので、令和の御代になって今日で1年が経過しました。

即位の礼等の皇室関係の行事が無事に終わった後での武漢肺炎騒ぎで、本当に良かったと胸を撫で下ろしています。(1年前だったら大変でした。)

最近は、禁足令中なので自宅で日頃できないことをしています。

また1ケ月間非常事態が延長されたため、5月24日「靖国神社」での義烈空挺隊の慰霊と顕彰の集いを延期することで再度準備を始めています。

そんな中、ふと靖国神社の御親拝について気になり、少し調べてみました。
最後の御親拝となったのは、昭和50年11月21日の秋季大祭時に昭和天皇の御親拝を賜ったのが最後となっています。

平成の御代には一度も御親拝を賜る機会が無かったのは国民として残念でなりません。

昭和50年から45年間もの間、御親拝を賜われなかったことは、大東亜戦争はじめ国の為に戦い散華された英霊に対して大変申し訳ない状態が継続しています。
いろんな経緯があってこの異常状態が続いていますが、昭和天皇は次のような御製を遺されています。(昭和61年8月15日に詠まれています。)

この年の この日にもまた 靖國の
みやしろのことに うれひはふかし

昭和天皇が御親拝をされなくなったのは、所謂A級戦犯の殉国七士が靖国神社に合祀されたからだと伝えられていますが、以降も毎年春秋の例大祭には天皇の代理として、勅使が参向しています。

昭和天皇のお気持ちは、御親拝継続であった事は容易に推測されます。

誰かが恣意的に所謂A級戦犯合祀を不愉快説をでっち上げたように思われます。
(この御製が、間違いなく昭和天皇お気持ちを表していると思います。)

それまで、靖国神社御親拝が問題にされることは無かったのに、昭和50年8月15日

に三木元首相が靖国神社参拝した時に、社会党等の野党からの質問に対して「私人参拝」と公言したことから問題視され始めています。

三木首相の自分を守る為の、軽はずみな発言から?國問題をつくり上げられたのです。

国の英霊を祀る靖国神社に参拝する首相は、公人として参拝するべきなのです。

愛国心など欠片もない情けない政治家が三木武夫元首相です。
その後、昭和53年10月に所謂A級戦犯の合祀が行われ、太平正芳元首相は参拝されたそうです。

その次が大変情けない首相が誕生しています。

中曽根元総理は、防衛庁長官まで経験し、戦時中は海軍中尉として従軍した経験者でありながら、中国からの抗議を受けて簡単に参拝を中止しました。(昭和61年8月)あり得ない話であり、戦友を蔑ろにした愚かな政治家です。

時系列で見れば、昭和53年のA級戦犯合祀の8年後の中国の抗議に屈服した情けない首相である。(以降、たびたび、中国からの抗議に屈服するのが当たり前になりました。)

三木、中曽根両亮首相がそれこそ?國神社の英霊に対する超A級戦犯となります。

安倍首相も第一次安倍内閣時にはは参拝したものの、第二次安倍内閣では実行されず、準A級戦犯となっています。

今上陛下、上皇陛下の御親拝の道筋をつくるためにも、安倍首相には今年の8月15日には靖国神社参拝を復活しても貰いたいものです
(武漢肺炎で中国は自国問題に四苦八苦している状況であり、復活のチャンスでもあります。)

【「空の神兵」顕彰会 会長・奥本 康大先生の投稿から頂きました。】



アフィリエイト

アフィリエイト